呪術廻戦第119話ネタバレ

前回118話で、領域展開、伏魔御廚子で背後に大きな口とたくさんの骨が現れました。

 

公開クッキングを開始か?!の万死の厨房現る!!で終わりましたが、

 

「伏魔御廚子は、他の者の領域とは異なり 結界で空間を分断しない。

結界を閉じず 生得領域を具現化することは 、キャンバスを用いず空に絵を描くに等しい正に神業ということ、、」

 

※最凶の強敵、式神、魔虚羅に伏魔御廚子は通じるのか!!

魅せてくれたな、伏黒恵!!と言って、なんだか、式神魔虚羅との戦いを楽しそうにしてるように見える。

 

余裕があるのか、宿儺!?

果たして、119話で決着なるのか?!

 

式神、魔御羅を調理してしまうのか!?

呪術廻戦【第119話】最新話のネタバレ

伏魔御廚子は、他の者の領域とは異なり、結界で空間を分断しない。結界を閉じず生得領域を異現化することには、キャンパスを用いず空に絵を描くに等しい正に神業。

 

見開きめちゃくちゃカッコよい。

渋谷事変は本当隠し切れなさそうなレベルの被害ですね。伏黒のは空間を分断しきれない不完全な結界で、宿儺さんのは空間自体を領域にするってことかな。

 

宿儺の領域、伏魔御廚子が消えるまで絶え間なく浴びせる事が出来、逃げ切る事も出来ます、、

最大半径約200mに及ぶ伏黒恵への影響を考慮し、効果範囲を半径140m 地上のみに絞る必中効果範囲内の呪力。

 

形状や双対性を材料に考えると刺身包丁である柳刃と蛸引を模した能力だろう。

必中効果範囲内の呪力を、帯びたものには呪力差強度差に応じ、対象を卸す捌無生物には、解が絶え間無く浴びせられる。

 

魔虚羅にトドメを刺す宿儺。

宿儺に「去ね!」「しっ失礼しまーす」と言われて、また生き延びたと喜んで退散するサイドテール。

 

サイドテールの呪詛師・重面春太の術式は奇跡を貯める日常の小さな奇跡を、 重面の記憶から抹消し蓄える。

蓄えられた奇跡は、 重面の命に関わる局面で放出される。

 

奇跡の多寡は 、目元の紋様で識別できるが 重面自身はそれを自覚していない。

 

領域が展開されている間、必中効果範囲内の物には「解」と「捌」が絶え間なく浴びせられるため、狗巻が避難させた人間たちも斬撃を受けて死亡してしまいました。

八握剣異戒神将魔虚羅にも無数の斬撃が浴びせられました。領域展開斬撃でまだ立ち上がれる魔虚羅の適応は、凄すぎる!!

 

唯一の魔虚羅の破り方、、、初見の技にて適応前に屠る。

捌は、その条件を満たしている。

 

魔虚羅は斬撃耐性得てたから再生してたけど、再生途中でフーガ喰らって耐えきれず死んだ。

伏魔御厨子でもフーガでも単発では死なないとすると攻撃の属性が一種類のは実質勝ち目皆無。

 

蓄えた奇跡は七海建人との戦闘で使い果たしていた重面春太が、縦に真っ二つになった。

 

術式は、奇跡を貯める。

命の危機に陥った時、溜め込んだ奇跡に応じてピンチを救ってくれるということ。

 

でも、今回はなぜ奇跡を起こせなかったかというと、少し前に七海健人にボコボコにされて、生き延びる為に、使い果たせてしまったからです。

サブキャラが退場してしまいましたね。

 

そして宿儺の身体にも異変が現れていた。

 

「そろそろだな」

 

仮死状態の伏黒を、夜蛾正道と家入硝子が発見する。

夜蛾が伏黒に声をかけたその瞬間、、宿儺がその場を離れる。

 

その顔は、なんだか悲しい顔をしていた。

今一瞬見えたのは虎杖……いや 宿儺なのか?!

 

なんとか助命された伏黒。

しかし虎杖は、、??

 

呪術廻戦【第119話】の感想と考察

伏黒に傷ついて欲しくないから、宿には「言うなよ」と言ったけど、今回の件では、伏黒は分かってしまう。

一番嫌なのが今回宿儺が「言ってはいない」こと。

 

人を助けたいから強くなりたい虎杖に、「オマエがいるから人が死ぬ」という残酷な事実を突きつけられる。

虎杖の意識を戻ってくることを感じた宿儺は、急ぎで家入硝子が待機する救護スペースに伏黒恵を届ける。119話は、終了します。

 

あの悲しげな表情・・・一体何を示していたのか、気になりますね。

 

呪術廻戦【第119話】のまとめ

宿儺大活躍?の一方で、街を破壊し尽くした悲惨な状況に陥ってしまいます。

まあ、最強クラス同士の戦いだっただけに仕方ないものかもですが…

 

伏黒も大きな痛手を負うなど、混沌としてきた戦場。

一体どうなるのでしょうか?

 

そして、意識を取り戻した虎杖は、五条悟奪還へと直行するのか?

目が話せない呪術廻戦、120話に続きます!